英Newcastle UniversityとシンガポールA*STAR Immunology Network(SIgN)の共同研究チームは2012年7月27日、外来性抗原に対する殺細胞性の免疫反応を活性化する新たなタイプの白血球細胞を同定したと発表した。がんやB型肝炎などのワクチンの新たな標的となる可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)