オーストラリアMesoblast社は、2011年7月23日、関節リウマチ(RA)のモデルヤギに、成体由来の同種間葉系前駆細胞(MPCs)を静脈内に単回投与すると、滑膜組織の炎症マーカーの値が改善し、組織学的重症度も低下することが明らかになったと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)