米Michigan州立大学(MSU)は2012年7月10日、MSU AgBioResearchの研究チームが従来の方法よりも20倍のエネルギーを生産できる新しいバイオ燃料生産プロセスを開発したと発表した。この研究成果はEnvironmental Science and Technology誌最新号に掲載され、微生物を使って農業廃棄物からバイオ燃料および水素を生産する新しい方法が報告されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)