武田薬品工業は2012年7月23日、欧州医薬品庁(EMA)の欧州医薬品評価委員会(CHMP)において、悪性リンパ腫治療薬「Adcetris」(米欧での製品名、一般名はブレンツキシマブ ベドチン、開発コードはSGN-35)の条件付き販売承認が推奨されたと発表した。同社は、今後、欧州委員会(EC)で審議され、正式な承認を取得した後、欧州27カ国で販売可能となるとしている。SGN-35は米Seattle Genetics社が創製した品目で、武田薬品が米国とカナダを除く地域の権利を取得している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)