東北大学東北メディカル・メガバンク機構で、地域住民のゲノム・医療情報を収集する15万人のコホート研究に向け、高速シーケンサーの導入や解析用のスーパーコンピューターの仕様の検討が進んでいる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)