ドイツBASF社とベルギーOleon社は2012年6月28日、ベルギーErtveldeにおいてグリセリンからバイオプロピレングリコール(PG)を生産する新しいプラントの稼働を開始したと発表した。PGは用途の広いアルコールで、医薬品や化粧品、溶剤や可塑剤に使用されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)