米Clovis Oncology社と米Array BioPharma社は2012年7月16日、消化管間質腫瘍(GIST)治療の抵抗遺伝子変異を標的とする新規のKIT阻害薬の発見のため提携合意したと発表した。GISTは、消化器管系のがんで、欧米で毎年1万2千人以上、日本で2500人以上の患者が新たに診断される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)