スーラの絵画を近くで見ると、そこには複雑な点描法が隠れていることが分かる。拡大すると、原色の小さな点がパターンごとに並べられているが、離れて眺めると絵の形が見えてくる。同じように、生物学者と遺伝学者は、遺伝子特性を一細胞レベルで分析する方法を探してきたが、これまでは技術的な限界から遠くから眺めることしかできなかった。しかし、Nature Biotechnology誌7月22日号で、一細胞分析を可能にする「Smart-Seq」と呼ばれる新たな遺伝子解読技術が初めて発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)