米Mount Sinai医科大学などが、卵アレルギーの小児を対象に二重盲検の多施設無作為化試験を行い、卵白粉末を投与する経口免疫療法により、28%の患者がアレルギー反応無しの状態を長期にわたって維持できるようになったと発表した。詳細は、New England Journal of Medicine誌2012年7月19日号に論文発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)