米University of Michigan、総合がんセンターの研究チームは2012年7月19日、乳がんにおいて炎症経路ががん幹細胞を刺激し、HER2標的乳がん治療に対する抵抗性を示させているとの研究結果を発表した。また、マウスを用いた研究で、インターロイキン6(IL6)阻害薬をHER2標的乳がん治療薬「ハーセプチン」と併用することで、奏効が改善することも示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)