免疫生物研究所は2012年7月19日、ドイツIBL-International社と共同開発契約を締結したと発表した。両社は今後、アルツハイマー症の原因物質とされるアミロイドβを測定するための診断薬開発に取り組む。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)