米StemCells社は2012年7月17日、同社専有のヒト神経幹細胞を2匹のアルツハイマー病(AD)動物モデルの脳に移植したところ、記憶力が改善し、シナプス機能が強化されたとする前臨床データを発表した。データはカナダのバンクーバーで同日開催されたアルツハイマー国際会議2012で発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)