日本化薬は2012年7月17日、高分子ミセル化パクリタキセルNK105の国内フェーズIIIを開始したと発表した。適応は転移、再発した乳がん。NK105は日本化薬がナノキャリアから導入した品目である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)