東海漬物の漬物機能研究所は、各種漬物から分離した乳酸菌1000株から、整腸作用と免疫賦活作用を持つLactobacillus plantarum TK61406株を選び出した成果を、つくば市で開かれた日本乳酸菌学会2012年度大会で7月12日に発表した。静岡大学農学部の森田達也教授、長野県木曽町地域資源研究所の保井久子所長との共同研究の成果だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)