2012年7月12日から13日につくば市で開催された日本乳酸菌学会2012年度大会の優秀発表賞は、対象となる27人の若手研究者の中から3人が選ばれた。北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター/ニチニチ製薬の深田一剛氏、広島大学大学院生物圏科学研究科/理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センターの宮内栄治氏、日本大学大学院生物資源科学研究科の平山悟氏の3人だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)