2012年7月3日に木原記念横浜生命科学振興財団の主催で開催されたセミナー「第1回バイオビジネス・スタートアップ」で、プロテイン・エクスプレス(千葉市、大滝義博社長)の高木広明副社長が講演を行い、抗原に結合すると蛍光を発するQuenchbody(Q-body)の技術を利用してモルヒネなどを検出するキットの開発を進めていると説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)