米Obama政権は2012年7月2日、米国にある全ての利用可能なエネルギー源を開発し輸入石油への依存を縮小させるという国家戦略の一環として、米海軍、米農務省(USDA)並びに米エネルギー省(DOE)がバイオ燃料技術の新たなイノベーションを起こし、米国のバイオ燃料生産を増加させ、エネルギー安全保障を強化するため新たに資金を拠出すると発表した。USDA、海軍、およびDOEは、先進ドロップインバイオ燃料の商業規模生産への民間による投資に対するマッチング資金として3000万ドルを提供することを発表。DOEはさらに、技術的ブレークスルーやさらなるコストダウンをもたらす初期段階の研究開発への新規投資として総額3200万ドルの支援も発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)