幹細胞を目的とする成熟細胞に分化させるための条件検討は、試行錯誤で行われる。条件を変えての実験は、多くの時間が必要となる。設計、実験を繰り返し、1つのプロトコルの作成に2年以上もかかる場合もあるようだ。もちろん、長年の経験も必要になってくる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)