米Capricor社は、米食品医薬品局(FDA)が、同社の同種心臓由来幹細胞製品「CAP-1002」の臨床試験開始を承認したと発表した。心筋梗塞発症後30日以上が経過した患者、虚血性左室機能不全の患者の心筋に、幹細胞を直接注射する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)