新たな抗生物質の開発を目指し、欧州の主要製薬企業と欧州委員会が参加する産官共同のプロジェクトが発足した。MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)など既存の抗生物質の効かない細菌による感染症が深刻化する一方、ここ数年、新しい抗生物質はほとんど登場していない。抗生物質に関しては一企業では解決できない構造的問題が横たわっていることが、共同プロジェクト実施の背景にある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)