慶応義塾大学医学部病理学教室の岡田保典教授、望月早月専任講師らは、メタロプロテアーゼの一種ADAM28を発現しているがん細胞は転移しやすいことを発見した。フォンビレブランド因子(VWF)にADAM28が結合し、これを分解するために、がん細胞がVWFによるアポトーシスを免れる、というメカニズムが明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)