人類は、何世紀も前から銅が感染症と戦う上で強力な武器となることを知っていた。米Washington University in St. Louisの研究チームが2012年7月8日に発表した新研究から、重篤な尿路感染症を引き起こす細菌もこのことを「知って」おり、自分たちに対して使われないように宿主から銅を盗み取っていることが明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)