カナダUniversity Health NetworkのPrincess Margaret Cancer CentreのTak Mak博士が率いる国際研究チームは、遺伝子変異を起こした代謝酵素と、急性骨髄性白血病 (AML)の発症との関連性を発見した。AMLは、成人の白血病で最も頻繁に発症するタイプの1つである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)