東レは2012年6月27日、100%バイオマス由来のポリエチレンテレフタレート(PET)を合成する原料として米Gevo社から同社が計画しているパイロットプラントで生産される再生可能なバイオパラキシレン(bioPX)を一定量引き取るオフテイク契約を締結したと発表した(関連記事1)。このオフテイク契約により東レは世界で初となる100%バイオベースのポリエチレンテレフタレート(fully bioPET)のパイロットスケールでの実証生産が可能となる。東レはこのパイロットプラントで生産されるサンプルを最終ユーザーとなるビジネスパートナーに2013年から試供し市場評価を開始する予定。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)