毎月第1金曜日と第3金曜日、第5金曜日の日経バイオテクONLINEメールの編集部原稿も担当しております日経バイオテクONLINEアカデミック版編集長の河田孝雄です。前回の6月29日から1週間ぶりのメールです。

 今日金曜日(7月6日)は、理化学研究所横浜研究所で開催されている七夕ミーティング2012の会場におります。明日は7月7日の七夕。

 この七夕ミーティングは「“きらりと光る”アイデアを持っていて、将来伸びるに違いない」ライフサイエンス分野の若手研究者を発掘・激励しようと、東京大学名誉教授でGSC(理研ゲノム科学総合研究センターが08年に解散した後に設立されたバーチャル組織)組織長の和田昭允さんが提唱して2年前から始まり、今回が3回目です。

 昼過ぎからは、選ばれた国内外の若手研究者20人が2分間のスピーチとポスターセッションを行います。20人うち12人は現在海外で活躍なさっている方で、12人のうち10人はお名前から推察するに日本の方のようです。

 第1回の七夕ミーティング2010に参加した米Stanford Universityの上村想太郎さんは現在、理研オミックス基盤研究領域のユニットリーダーをお務めになっていますし、第2回の七夕ミーティング2011に参加した海外留学中の前多裕介さんは現在、京都大学白眉センターの特定助教として活躍なさっています。

 今年発表なさる20人の若手研究者の中にも今後、日本で職を得て活躍なさる方もいらっしゃるでしょう。七夕ミーティングの取り組みに引き続き注目していきたいと思います。

 理研横浜研に隣接する横浜市立大学では来春、新たな大学院が新設されます。東京農工大学の新大学院や、北海道大学の寄付講座の記事も、ここ1週間のうちに日経バイオテクONLINEで報じておりますので、ご覧いただければと思います。

横浜市立大が鶴見に大学院生命医科学研究科、理研やAIST、NIHSと連携して2013年4月に新設
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120703/161957/

東京農工大、食料・エネルギー危機に備える博士を育てる大学院新設、5年間一貫制でイノベーション人材の育成を目指す
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120630/161896/

北大病院にコンパニオン診断学寄付研究部門、北大の寄付講座等総数は28と1年前に比べ3増6減
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120703/161985/

 メール原稿の締め切り時間になりました。ここ1週間で直接とりまとめた主な記事とそのポイントを以下に紹介させていただきます。

キリンメッツコーラの年間販売目標が6倍上方修正、当初の年間販売目標は2週間で達成
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120704/162012/
○販売目標を6倍に上方修正というのは驚きです。

北大病院にコンパニオン診断学寄付研究部門、北大の寄付講座等総数は28と1年前に比べ3増6減
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120703/161985/
○北海道大学では寄付講座などの情報を1年ごとに開示しています。

静岡県立大薬、βクリプトキサンチンがストレスによる寿命短縮を抑制、学習能を改善
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120703/161959/
○果樹試験研究推進協議会の成果発表です。

横浜市立大が鶴見に大学院生命医科学研究科、理研やAIST、NIHSと連携して2013年4月に新設
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120703/161957/
○産業技術総合研究所(AIST)のバイオメディシナル情報研究センター(BIRC)や国立医薬品食品衛生研究所(NIHS)とも連携します。

食品安全委員会の第4代委員長に熊谷進氏、委員長代理に佐藤洋氏、山添康氏、三森国敏氏
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120702/161950/
○食品安全委員会は毎週月曜日開催することが決まりました。

JAおきなわがカゴメと沖縄県産農産物の連携協定を締結、メーカーは初
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120702/161946/
○沖縄の魅力的な農産物のマーケティングがパワーアップしています。

統合医療大学院大学の新設、来年も申請へ【日経バイオテクONLINE Vol.1752】
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20120629/161895/
○1週間前のメールです。