ここ数年、中国やアジアの国々に比べ、BIO国際会議での存在感の乏しかった日本だが、今年は例年になく日本のプレゼンスが高かったと感じた参加者は多かったようだ。とりわけ大成功だったと指摘する声が多いのが、2日目夕方のホスピタリティーレセプションだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)