カルナバイオサイエンスは2012年7月4日、「細胞内リン酸化シグナル研究の新展開、セルベースで切り拓くキナーゼ阻害剤研究」をテーマにセミナーを開催した。同社の吉野公一郎社長は、セミナー開催に当たり「カルナバイオサイエンスは単なる代理店ではなく、科学に基づいたサービスを提供する企業でありたい」とあいさつをした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)