日本ケミカルリサーチ(JCR)は、バイオ医薬品に特化した中堅製薬企業である。2012年3月期の業績は売上高128億4500万円、営業利益10億8900万円で減収減益に終わった。ただし、売り上げの6割以上を稼ぐ成長ホルモン製剤「グロウジェクト」やEPO後続品の成長が期待でき、英GlaxoSmithKline(GSK)社との提携による海外進出も現実となりつつある。同社の西野勝哉・研究本部長に、今後の研究開発方針などについて聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)