2012年6月27日から3日間、北九州市で日本がん分子標的治療学会学術集会が開催された。最終日の29日には、「臨床における分子標的薬の問題点」と題したシンポジウムが開かれた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)