米Vanderbilt University、米Harvard Medical School、岡山大学などの研究グループは、培養ヒトがん細胞モデルを使ってEGF受容体(EGFR)阻害作用を持つ抗がん剤の獲得変異について詳細に解析し、新しい変異を発見した。この変異には、分子標的薬の併用が有効な可能性がある。2012年7月2日の週に米Proceedings of the National Academy of Sciences誌に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)