東京農工大学は2012年6月29日、人類が全世界的に直面する課題である食料不足、および食料や水、リンなどの供給に不可欠なエネルギー不足の問題に取り組む国際的なイノベーション人材の育成を目指した新しい大学院のコース「実践科学専攻」を、生物システム応用科学府に設けると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)