大正製薬は2012年7月1日、体脂肪対応の特定保健用食品(トクホ)「ファットケア スティックカフェ」と、中性脂肪対応トクホ「ミドルケア 粉末スティック」を発売する。いずれも2011年12月19日に消費者庁のトクホ表示許可を取得した商品だ。初年度目標額(発売日より1年間の出荷額)はファットケアが6億円、ミドルケアが3億円。このうち、ミドルケアのトクホ表示許可を取得したのは佐藤園だが、モノグルコシルヘスペリジンを配合したトクホはこの商品が初めてのため、大正製薬が安全性や機能性の検証で大きな役割を果たしたとみられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)