米University of California、 Davis校(UC Davis)の研究者が率いるチームが、高い糖度を持った成熟したトマトを生み出す遺伝子を発見した。この研究成果により、大量栽培されているトマトが、在来品種のトマトのように風味豊かになるかもしれない。この研究成果は、2012年6月28日にScience誌に発表された。毎年1500万t以上のトマトを出荷している米国のトマト業界に与える影響は大きい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)