米Infinity Pharmaceuticals社は、2012年6月27日、ホスホイノシチド3キナーゼ(PI3K)デルタとガンマを阻害する経口薬IPI-145を複数の炎症性疾患モデルに適用した前臨床試験で好結果が得られたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)