European Biofuels Technology Platform(EBTP)は2012年6月21日、バイオ燃料やバイオエネルギーの生産など持続可能なバイオマス変換技術と炭素分離回収(CCS:carbon capture and storage)を組み合わせたBio-CCSが二酸化炭素収支をマイナスにできスケールアップ可能な技術であり、ヨーロッパで推進するよう提唱した「Biomass with CO2 Capture and Storage(Bio-CCS)」と題するレポートを公表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)