米Boston小児病院の研究者たちは、酸素を封入した微粒子を作製、低酸素症の動物モデルに投与したところ、数秒以内に血中酸素飽和濃度をほぼ正常化できたと発表した。詳細はJohn Kheir氏らによって、Science Translational Medicine誌2012年6月27日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)