理化学研究所脳科学総合研究センター(BSI)シナプス分子機構研究チームの水口留美子研究員、吉原良浩チームリーダーらは、組織の発生や分化に重要な役割を担うT-box転写調節因子の1つであるTbr2が、匂い情報の興奮-抑制バランスを調節する機能を持ち、正確な匂い情報の伝達に重要な役割を果たしていることを、コンデョショナル遺伝子欠損マウスを用いた解析で見いだした。米The Journal of Neuroscience誌2012年6月27日号で成果を発表する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)