現在、輸血に使われる赤血球は献血によって得られた血液を精製して作られている。しかしこの方法はインフルエンザウイルスやその他病原性微生物が混入するリスクがある。また、人口の減少および高齢化により、今後は十分な量の血液の確保が困難になる可能性がある。献血に依存せず、実験室の管理された環境下で安定して赤血球を作り出せるシステムで、この問題を解決することが可能となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)