抗体ベンチャーのイーベック(札幌市中央区、土井尚人社長)とドイツBoehringer Ingelheim(BI)社のライセンス契約の対象となっている抗体が、抗顆粒球マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)抗体であることが分かった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)