抗がん剤は、承認後、医療現場での使用が効能拡大や市販後に何年もかけた研究により当該薬剤の価値が十分に理解され、さらに多数の患者へベネフィットをもたらすという分析報告が、米研究製薬工業協会(PhRMA)が、研究機関Boston Healthcare Associates(BHA)へ委託した研究報告「腫瘍学イノベーションにおける価値の認識」(Recognizing Value in Oncology Innovation)で明らかになった。PhRMAが20012年6月12日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)