英Royal Societyは、2012年6月21日に公表した報告書の中で、科学的なアイデアの土台となるデータの知的開放(Intelligent openness)が、規範とされるべきであると説いている。知的開放が規範とされたとき、科学的発展は最大化され、科学的理解が、経済や公共政策に最も効率よく使われ、市民の判断の基盤として伝えられる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)