シンガポールNational Cancer Centerの研究者らがCancer Discovery誌に発表した研究によると、中国・韓国人のリンパ腫の多くを占めるNK/細胞リンパ腫が、ヤヌスキナーゼ3(JAK3)の阻害薬による治療からベネフィットを受ける可能性がある。2012年6月15日に米がん研究会議(AACR)が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)