理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの高橋政代チームリーダーらの、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた網膜再生治療研究の企業化に向けた準備が進んでいる。理研の認定ベンチャーである日本網膜研究所が活動を開始した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)