理化学研究所基幹研究所糖鎖代謝学研究チームの鈴木匡チームリーダーらは、目的とするたんぱく質のうち特定の糖鎖構造を持つものだけを検出し可視化できる蛍光イメージング技術を開発した。鈴木チームリーダーと芳賀淑美訪問研究員(日本学術振興会特別研究員)、佐甲細胞情報研究室の佐甲靖志主任研究員、日比野佳代研究員、伊藤細胞制御化学研究室の伊藤幸成主任研究員、疾患糖鎖研究チームの谷口直之チームリーダーらの共同研究グループによる成果。Nature Communications誌オンライン版で、2012年6月19日(日本時間6月20日)付に掲載される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)