富士フイルムは2012年6月19日、肌に照射された光の肌内部における状態を可視化・定量評価する手法を確立し、「にごり」や透明感という肌の見え方と肌内部での光の状態との関係性を解明したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)