2012年6月5日に文部科学省は「大学改革実行プラン」を発表した。少子高齢化の進行や社会・経済のグローバル化による国際競争の激化などの課題に直面する中で、大学が、社会の変革を担う人材育成、知的基盤の形成やイノベーションの創出など、「知の拠点」としての役割を発揮できるよう、その改革の方向性を示したものだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)