オーストリアBiomay社は2012年6月14日、草花粉アレルギーの新規ワクチン「BM32」がフェーズIIa試験でアレルギー症状を有意に改善する効果を示したと発表した。BM32は、Biomay社専有の組み換えペプチド担体(キャリア)技術を用いた画期的ワクチンで、従来の免疫療法と比較して接種回数が少なくて済み、副作用も少ないことが示された。既に、同社はフェーズIIb試験を開始している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)