フランスSanofi社傘下の米Genzyme社は2012年6月13日、「LEMTRADA」(一般名:アレムツズマブ)の再発性多発性硬化症(RMS)の治療としての承認を求め、米食品医薬品局(FDA)に追加承認申請(sBLA)を、欧州医薬品庁(EMA)に市販承認申請(MAA)を提出したと発表した。Genzyme社はLEMTRADAのMS適応をドイツBayer HealthCare社と共同開発している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)