スイスRoche社は2012年6月11日、米食品医薬品局(FDA)が「Perjeta」(一般名:ペルツズマブ)と「Herceptin」(一般名:トラスツズマブ)、化学療法ドセタキセルを併用する治療を、HER2陽性悪性乳がん(mBC)で抗HER2治療や転移性がん向けの化学療法を受けたことがない患者の治療として承認したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)