東海大、LG21ヨーグルトでピロリ1次除菌率向上を論文発表、高IFよりも社会貢献

(2012.06.12 21:21)1pt
河田孝雄

 東海大学の高木敦司副医学部長/医学部教授らは、Lactobacillus gasseri OLL2716(ガセリ菌LG21)を含むヨーグルト(112g入り)を1日2個、ピロリ菌の除菌治療3週前から4週間摂取すると、3剤併用によるピロリ菌の1次除菌率を向上できることを、229人を対象にした臨床試験で確認した。特に、3剤のうちの1つであるクラリスロマイシンに耐性のピロリ菌に対する除菌率が高くなった。2012年6月8日に都内で開催された「プロバイオティクスシンポジウム2012―第15回記念国際シンポジウム―」(主催:日本プロバイオティクス学会)で発表した。2012年5月にオーストラリア発の専門ジャーナルGastroenterology Hepatology誌(インパクトファクター2.41)に論文発表した成果だ(J.Gastroenterol Hepatol. 2012 May.27(5):851-3)。「この成果はまずは、より著名なジャーナルに投稿したが、3剤併用除菌療法の薬剤の投与量が日本は欧米と異なっている点や、市販のヨーグルトを利用した試験で比較対照にプラセボを使えなかったことから、エビデンスのレベルが(相対的に)低いと判断され掲載に至らなかった」と高木副医学部長は話す。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「バイオベンチャーのエコシステム、その課題を激論!」
    2019年7月29日開催!伊藤レポート2.0「バイオメディカル版」の一橋大学・伊藤邦雄教授による基調講演をベースに、伊藤教授とVC、証券アナリストなどを交えて徹底討論します。新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」発刊記念セミナー。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧